関節用語集 関節用語集は、人工関節に関連する専門用語のデータベースです。
 
ホームページをお持ちの方へ
検索方法
ハムストリング筋(はむすとりんぐきん)
大腿骨(だいたいこつ)後面(太ももの裏側)に位置する3つの筋群〔大腿二頭筋(だいたいにとうきん)=外側、半腱様筋(はんけんようきん)、半膜様筋(はんまくようきん)=内側)。膝関節の屈曲(くっきょく)をつかさどる。変形性膝関節症が進行するとこれらに拘縮(こうしゅく)が起こり、ひざが伸びなくなる(屈曲拘縮)。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
ハムストリング筋の関連用語
屈曲(くっきょく)
関節を曲げる動作で、接合している骨同士が近づく動き。⇔伸展
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
屈曲拘縮(くっきょくこうしゅく)
関節を伸ばした際に、十分に伸びきらず曲がった状態に留まってしまうこと。⇒屈曲
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
拘縮(こうしゅく)
関節の軟部組織関節包など)の短縮により関節が可動域制限を起こす状態のこと。拘縮の多くは骨折の後遺症、寝たきり、脳血管障害や脊髄損傷などの麻痺により、関節を長期間動かさない状態が続くことが原因。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
大腿骨(だいたいこつ)
太ももの骨。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう,へんけいせいしつかんせつしょう)
膝関節に発症する慢性の関節炎。多くが外傷などの明確な原因がなく、自然に発症してくるもの(一次性)で、レントゲンで関節のすき間(関節裂隙)が狭くなったり骨棘(こつきょく)が認められれば診断できる。大規模疫学調査によると、日本全国で二千数百万人の患者がおり、女性に多く、年齢と肥満が関連するとされている。「膝OA(ひざおーえー)」と呼ばれることもある。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース