関節用語集 関節用語集は、人工関節に関連する専門用語のデータベースです。
 
ホームページをお持ちの方へ
検索方法
壊死(えし)
身体の一部の細胞またはすべての細胞が死滅すること。病気のほか、物理的または化学的損傷、血液供給の遮断などが原因となる。病名としては、大腿骨頭壊死症〔(だいたいこっとうえししょう)=股関節痛の一因〕、 大腿骨顆部骨壊死症〔(だいたいこつかぶこつえししょう)=膝関節症の一因〕などがあるが、後者は最近の研究では壊死ではなく微小骨折(びしょうこっせつ)といわれている。 よく“壊疽(えそ)”と混同され、壊死と言われた場合に“足が腐っているのか?”と勘違いすることがあるが、そうではない。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
壊死の関連用語
骨壊死(こつえし)
骨組織〔骨梁(こつりょう)・骨髄(こつずい)〕の細胞が死滅すること。 ⇒ 壊死
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
上腕骨頭壊死(じょうわんこっとうえし)
特殊な骨折による血行障害、ステロイド治療などが原因で上腕骨頭の壊死が引き起こされる場合がある。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
特発性大腿骨頭壊死(とっぱつせいだいたいこっとうえし)
成人に見られる大腿骨頭壊死の中で原因が明らかでないものを指す。ステロイド剤の投与を受けた既往のあるもの、アルコール愛飲家、血液・血管疾患(けっかんしっかん)に多発するため、その多くは全身的変化が重要な背景をなしている。40歳代がもっとも多く、男性に多い。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
ペルテス病(ぺるてすびょう)
子供の大腿骨頭部(だいたいこっとうぶ)の骨端核(こつたんかく)が壊死(えし)することによって起こる病気で、血流障害が原因と考えられる。発症年齢は2~15歳で特に6~8歳に好発、男児に多く、片側性が90%以上である。股関節から膝関節にかけての安静時痛(あんせいじつう)、運動時痛、歩行障害、股関節の開きが制限されるなどの症状が見られる。変形性股関節症の原因となる場合があって、大腿骨頚部(だいたいこつけいぶ)が短く骨頭が大きくなる独特の変形(ペルテス変形)を呈する。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
無血性壊死(むけつせいえし)
骨への血液供給が欠乏することによって骨の細胞が死滅すること。⇒壊死
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース