関節用語集 関節用語集は、人工関節に関連する専門用語のデータベースです。
 
ホームページをお持ちの方へ
検索方法
棘上筋(きょくじょうきん)
回旋筋腱板のひとつ。棘上筋腱は肩甲骨側から上腕骨に付着しており、肩関節を外転(腕を横に持ちあげる)する役割を果たす。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
棘上筋の関連用語
回旋筋腱板(かいせんきんけんばん)
肩甲骨と上腕骨をつないでいる4つの筋肉の腱の総称。棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)、肩甲下筋(けんこうかきん)の腱から成る。単に腱板と呼ばれることも多い。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
外転(がいてん)
身体の中心軸から、手足などが遠ざかるような動き。股関節における下肢、肩関節における上肢、足関節における足部、指と母指で見られる。例えば、立った状態で、伸ばした片脚を真横に上げる動きは、股関節に対して大腿骨〔(だいたいこつ)=下肢〕が外転している。⇔内転
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
腱板損傷(けんばんそんしょう)
腱板とは、腕を上げる運動や、腕を内外に回す運動をする時に重要な役割を果たす筋で、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)、肩甲下筋(けんこうかきん)から構成されている。最も傷みやすいのが棘上筋腱である。肩腱板損傷は、若年者から高齢者まで広い世代に見られ、明らかな外傷によるものや日常生活動作のなかで損傷や断裂が起きる場合もある。肩腱板は肩峰と上腕骨頭にはさまれているため、小さな外力でも損傷しやすい。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
上腕骨(じょうわんこつ)
肩から肘までの腕の骨。長管骨のひとつ。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース