関節用語集 関節用語集は、人工関節に関連する専門用語のデータベースです。
 
ホームページをお持ちの方へ
検索方法
関節窩(かんせつか)
上腕骨頭の受け皿となる肩甲骨側のくぼみ。グレノイドと呼ばれる部位。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
関節窩の関連用語
肩関節唇断裂(かたかんせつしんだんれつ)
関節唇グレノイド関節窩)の縁にあり、肩関節の安定性を高めると同時に、さまざまな衝撃から守るクッションの役割を果たしているが、スポーツ動作の繰り返しや肩関節の脱臼などが原因で、断裂することがある。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
関節唇(かんせつしん)
関節窩〔(かんせつか)=関節のくぼみ〕の縁を取り巻くようについている線維性の軟骨で、関節の安定性に寄与している。股関節の寛骨臼(かんこつきゅう)縁にあるものが代表的で、大腿骨頭(だいたいこっとう)を包み込むような形をしている。外傷や初期の変形性関節症において、関節唇損傷が股関節痛の原因になることがある。単純レントゲンではわからないがMRI関節造影により診断される。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
グレノイド(ぐれのいど)
上腕骨頭の受け皿となる肩甲骨側のくぼみ。関節窩(かんせつか)と呼ばれる部位。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
上腕骨(じょうわんこつ)
肩から肘までの腕の骨。長管骨のひとつ。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
バンカート病変(ばんかーとびょうへん)
肩を再脱臼する原因となる病変。大きな外力によりグレノイド関節窩)から関節唇靭帯複合体が剥がれたもの。骨の一部が一緒に剥がれたものは、骨性バンカート病変と呼ばれる。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース