関節用語集 関節用語集は、人工関節に関連する専門用語のデータベースです。
 
ホームページをお持ちの方へ
検索方法
骨切り(こつきり)
骨の形状や位置を機能的に最適な状態になるように、骨を切る手術療法。局所の骨を部分的に切除することもある。⇒寛骨臼回転骨切り術
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
骨切りの関連用語
HTO(えいちてぃーおー)
High Tibial Osteotomy 高位脛骨骨切り術(こういけいこつこつきりじゅつ)。脛骨(けいこつ)から骨をくさび状に除去、または開大することにより脛骨関節面のアライメントを改善する術式。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
寛骨臼(かんこつきゅう)
骨盤の外側、寛骨の中央部のカップ状の陥凹部。大腿骨頭(だいたいこっとう)とともに股関節を形成する。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
寛骨臼回転骨切り術(かんこつきゅうかいてんこつきりじゅつ)
成人の臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)に対して行われる手術法のひとつ。寛骨臼の臼蓋の一部を球状に切り取り、外側に回転するように移動させて、大腿骨(だいたいこつ)の骨頭(こっとう)を支えられるような臼蓋をつくる手術法。
RAO(Rotational Acetablular Osteotomy)」とも呼ばれる。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
RAO(らお)
Rotational Acetablular Osteotomy ⇒ 寛骨臼回転骨切り術(かんこつきゅうかいてんこつきりじゅつ)
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース