関節用語集 関節用語集は、人工関節に関連する専門用語のデータベースです。
 
ホームページをお持ちの方へ
検索方法
HTO(えいちてぃーおー)
High Tibial Osteotomy 高位脛骨骨切り術(こういけいこつこつきりじゅつ)。脛骨(けいこつ)から骨をくさび状に除去、または開大することにより脛骨関節面のアライメントを改善する術式。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
HTOの関連用語
アライメント(あらいめんと)
本来は整列したものの状態を示す言葉で、関節や人工関節の機能を十分発揮できるような最適な位置関係のこと。最適で正しく配置された骨の位置。例えば、膝関節が正常なかみ合わせとなるように大腿骨(だいたいこつ)と脛骨(けいこつ)の位置を定めること。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
脛骨(けいこつ)
下腿〔(かたい)=すね〕の内側の骨。膝関節を構成する。足関節の内果〔(ないか)=内くるぶし〕を形成する。下腿の外側には腓骨(ひこつ)があり外果〔(がいか)外くるぶし〕をつくる。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
骨切り(こつきり)
骨の形状や位置を機能的に最適な状態になるように、骨を切る手術療法。局所の骨を部分的に切除することもある。⇒寛骨臼回転骨切り術
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう