東京都
慶應義塾大学病院
西脇 徹 先生
初期の段階では、なかなか気づきにくい臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)は、放置して進行すると、強い痛みや歩行障害を生じる変形性股関節症に発展してしまいます。特に、治療を受けているのに改善しない痛みや違和感がある方は要注意です。早期に発見しておきたい臼蓋形成不全について、股関節を専門に数多くの治療を手がけておられる西脇先生に教えていただきました。(・・・続きを読む)
北海道
あすなろ整形外科
長谷川功 先生
「痛みをなくしたい」「元気に歩きたい」-。そんな願いを込めて人工股関節置換術を受けたいと思っていても、手術後の日常生活にどのような影響が出るのか、不安を感じている方は少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、人工股関節置換術後にできるようになることや、人工股関節を長持ちさせるために日常生活で注意したいことを整形外科の先生に教えていただきました。(・・・続きを読む)

このページのTOPへ