「ひざ」の痛みを解消したい

関節力をアップする運動
家庭でも簡単にできるセルフケアで、痛みの症状を緩和できると言われています。正しいやり方をおぼえて、無理をせずに行うことが重要です。
歩くのに必要な筋肉を鍛えるトレーニング
ここでは、歩くために必要な筋肉を鍛える代表的なトレーニングをご紹介します。
手術を受ける方にとっては、手術前からこのトレーニングをしておくことで、手術後のリハビリテーションがスムーズに行えます(運動は理学療法士の指導に従って行ってください)。

動画で見る膝関節トレーニングムービーコンテンツあり


太ももの筋肉(大腿四頭筋=だいたいしとうきん)や太ももの裏側の筋肉(ハムストリングス)などを強化することで、歩行時のひざへの負担を軽減します。

歩くために必要な筋肉を鍛える運動

  1. 歩くために必要な筋肉を鍛える運動片方のひざを立て、伸ばした方の脚のつま先を上に向けたまま30cm程度上げ、5秒間とめて、ゆっくりおろす。
  2. 歩くために必要な筋肉を鍛える運動ひざの下にタオルやクッションを入れる。つま先を上に向けたまま、タオルを押しつぶすように力を入れる。
    5秒間とめて、ゆるめる。
  3. 歩くために必要な筋肉を鍛える運動脚を伸ばした状態から、片方のかかとをおしりの方へスライドさせる。
    元の位置へゆっくりもどす。
10回~20回を1セットとして1日2~3度行いましょう。
ひざが痛む場合は無理に行わないようにしましょう。