人工肘関節置換術について
人工肘関節置換術は、主に関節リウマチで高度の変形をきたした場合や肘関節の粉砕骨折において疼痛除去、機能回復を目的としています。 肘関節の痛みの原因となる傷んだ骨や軟骨を取り除いて、人工関節に置き換えることで痛みの軽減と関節機能の大きな改善が期待でき、国内では毎年約1,000例の手術が行われています。

人工肘関節は金属でできた上腕骨側と尺骨側のコンポーネント(構成品)で構成され、尺骨側の関節面はプラスチックなどで覆われています。これらのコンポーネントが滑らかに動くことにより、肘関節の機能を再現します。人工肘関節には大きく分けて2種類あり、上腕骨側と尺骨側が連結しているLinked(リンクド:連結)タイプと、連結していないUn-Linked(アンリンクド:非連結)タイプがあります。