関節用語集 関節用語集は、人工関節に関連する専門用語のデータベースです。
 
ホームページをお持ちの方へ
検索方法
関節リウマチ(かんせつりうまち)
全身の関節に痛みやこわばり、腫れなどを発症する炎症性関節疾患(えんしょうせいかんせつしっかん)、自己免疫疾患(じこめんえきしっかん)の一種である。長期にわたり慢性的に症状が現れ、関節機能障害をきたすことが多い。近年、関節破壊の原因となる局所炎症物質(サイトカイン)を直接抑える薬(生物製剤)が次々と開発され、その内科的治療は飛躍的に進歩したが、破壊された下肢関節(股・膝関節)は人工関節の適応になることも多い。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
関節リウマチの関連用語
SLE(えすえるいー)
Systemic Lupus Erythematosus 全身性エリテマトーデス。全身の臓器に原因不明の炎症が起こる、自己免疫疾患(じこめんえきしっかん)の一種。膠原病(こうげんびょう)のひとつとして分類されている。関節リウマチと似た全身性、対称性の関節炎が起こるが、リウマチでみられるような関節破壊は起こさず、関節の変形をきたすことがある。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
炎症(えんしょう)
細菌の侵入など何らかの原因で、身体の一部分が赤く腫れ、熱や痛みが発生した状態。血液の供給が増えて毛細血管が拡張し、組織への白血球の移動が起こることで発生する。例として、関節炎、腱炎などがある。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
抗リウマチ剤(こうりうまちざい)
関節リウマチにおける炎症防止のために投与される薬剤の総称。異常化した免疫(めんえき)機能を正常にして、関節リウマチにより引き起こされる関節炎を沈静化させたり、関節周囲の骨破壊などを遅らせる作用がある。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース