関節用語集 関節用語集は、人工関節に関連する専門用語のデータベースです。
 
ホームページをお持ちの方へ
検索方法
外反(がいはん)
四肢の関節の角度が正面から見て体の中心軸に対して、外側に反っている状態。膝関節において脛骨(けいこつ)が外反した状態が外反膝でX脚の原因となる。⇔ 内反
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
外反の関連用語
脛骨(けいこつ)
下腿〔(かたい)=すね〕の内側の骨。膝関節を構成する。足関節の内果〔(ないか)=内くるぶし〕を形成する。下腿の外側には腓骨(ひこつ)があり外果〔(がいか)外くるぶし〕をつくる。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)
膝関節や肘(ひじ)関節などの内側の側面に位置する骨と骨をつなぐ靭帯。特に膝関節では膝の横方向(内外反方向)の安定性を得るのに最も重要な靭帯である。変形性膝関節症でひどい凹脚変形がある時は、この靭帯がつっぱるので手術のときに少しゆるめることがある。⇒MCL
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
内反(ないはん)
上肢・下肢の中心軸に対して、内側に反っている状態。脛骨(けいこつ)が内反した状態が内反膝でO脚の原因となる。 ⇔ 外反
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう