関節用語集 関節用語集は、人工関節に関連する専門用語のデータベースです。
 
ホームページをお持ちの方へ
検索方法
腱炎(けんえん)
腱の炎症のこと。人体で特に炎症を起こしやすい腱は肩関節の回旋筋腱板である。肩の痛みで最も多い原因が腱の炎症
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
腱炎の関連用語
炎症(えんしょう)
細菌の侵入など何らかの原因で、身体の一部分が赤く腫れ、熱や痛みが発生した状態。血液の供給が増えて毛細血管が拡張し、組織への白血球の移動が起こることで発生する。例として、関節炎、腱炎などがある。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
回旋筋腱板(かいせんきんけんばん)
肩甲骨と上腕骨をつないでいる4つの筋肉の腱の総称。棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)、肩甲下筋(けんこうかきん)の腱から成る。単に腱板と呼ばれることも多い。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
腱(けん)
筋肉と骨を結合している強靭な線維性の結合組織。中年以降、アキレス腱断裂などのように、自分の力で切れることがある。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう