関節用語集 関節用語集は、人工関節に関連する専門用語のデータベースです。
 
ホームページをお持ちの方へ
検索方法
骨肉腫(こつにくしゅ)
骨から発生する悪性腫瘍〔(あくせいしゅよう)=骨原発悪性腫瘍(こつげんぱつあくせいしゅよう)〕でもっとも多く(約40%)、ひざ周囲の骨〔大腿骨(だいたいこつ)、脛骨(けいこつ)近位〕に好発する(全体の75%)。若い人に多く10才台が中心。化学療法(抗がん剤)と患肢温存手術〔(かんしおんぞんしゅじゅつ)=人工関節〕、放射線療法などが行われる。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
骨肉腫の関連用語
患肢(かんし)
病気またはケガをしている手足。手術を受けた足のことを指す場合もある。 ⇔ 健肢
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
脛骨(けいこつ)
下腿〔(かたい)=すね〕の内側の骨。膝関節を構成する。足関節の内果〔(ないか)=内くるぶし〕を形成する。下腿の外側には腓骨(ひこつ)があり外果〔(がいか)外くるぶし〕をつくる。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース
大腿骨(だいたいこつ)
太ももの骨。
リンク用ソース
ポップアップ表示用ソース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう