Q.テレビで日本製の人工膝関節の紹介がありましたが、日本製と外国製の人工膝関節でそれ程の違いがあるのでしょうか?(masahiro)

      Q.最近テレビで日本製の人工膝関節の紹介があり、耐用年数が30年程と長く、曲がる角度も正座が出来るほど曲げられ非常に良いと説明されていましたが本当でしょうか?どうせ手術するなら性能の良いものにしたいと悩んでいます。日本製と外国製でそれ程の違いがあるのでしようか?
      A.外国製と日本製で大きな性能の違いはないと考えられています。 人工関節の歴史は外国製の方がずっと長く、日本で使われるようになってから30年以上経っており、日本製に比べると外国製の方がはるかに多くの長期の臨床成績があります。この長い歴史から蓄積されたデータを元に人工関節に使われる素材とデザインが日進月歩で改良されてきたことから、耐用年数は近年大幅に向上しており、1990年代以降に実際の手術に使われた外国製の人工膝関節は、20年経過しても約90%の膝でよく機能しているという大規模調査の結果*があります。今後これらの人工関節が実際に25年、30年と経過した頃にどの程度の成績になるかが期待されています。  *Swedish National Registry(2014) 歴史の長い外国製品にも早くから日本人の骨形態や生活様式を研究して開発されている製品が幾つもあります。外国製でもメカニズム上は正座に必要な145°以上安全に曲げられるという人工関節は数多くあり、現在ではむしろそちらが主流になっています。ただし手術後に正座ができるかどうかは、人工関節の機能よりも、手術前の患者さんの膝の状態の方に大きく影響されますので、主治医に直接ご確認される方がよいでしょう。 仮に正座ができたとしても、正座により大きく膝を曲げる姿勢は人工関節部品の一部に大きなストレス(力)が加わるため、人工関節をより安全に長持ちさせることを考えると、正座については医師の間でも慎重な意見もあります。

      このページのTOPへ

    Q.人工股関節置換手術をしてから、体脂肪が4~5%高くなったまま下がりません。人工股関節が何か影響しているのでしょうか?(ともとも)

      Q.人工股関節置換手術をしてから、体脂肪が4~5%高くなったまま下がりません。体脂肪計で計る時、人工股関節が何か影響しているのでしょうか?
      A.人工関節手術を受けると、通電性がよくなるため、からだの電気抵抗値(インピーダンス)が変化して体脂肪率が高くなる可能性があります。手術後の経時的な体脂肪率の変化を調べていくことが大切です。

      このページのTOPへ

    Q.地元の総合病院で、来年股関節手術の予約をしました。最近、友人が、股関節専門の病院で手術をしたことを知りました。専門病院は他県ですし、術後一週間くらいで退院しなくてはならないようです。なので自分であらたにリハビリ病院を探すようになるみたいです。自分の手術はどちらの病院がよいか迷っています。(あおちゃん)

      Q.10年以上お世話になっている地元の総合病院で、来年股関節手術の予約をしました。 最近、学生時代の友人が、股関節専門の病院で手術をしたことを知りました。 経過は良いようです。 お世話になっている先生はひざ関節の専門医と聞いていますが、股関節の手術もなさっています。 専門病院は他県ですし、術後一週間くらいで退院しなくてはならないようです。 なので自分であらたにリハビリ病院を探すようになるみたいです。 地元の病院は3週間から5週間ときいています。 どちらの病院がよいか迷っています。
      A.専門病院か地元の病院、どちらを選択するかより、執刀する医師との相性を考えましょう。その上で執刀する医師の技量を判断して決断します。また術後は、フォローアップを受けながら、リハビリや日常生活のレベルを上げていきます。術後の通院やリハビリをどこで受けるかを考えて、選択するのがよいでしょう。

      このページのTOPへ

    Q.75歳の母が右膝に人工膝関節を入れました。術後5ケ月で、足が軽くなったといって、エアーバイクの練習などを始めたのですが、急に激痛がはしり、歩けなくなりました。(K-Y K-Y)

      Q.今年1月に75歳の母が右膝に人工膝関節を入れました。術後5ケ月で、足が軽くなったといって、エアーバイクの練習などを始めたのですが、7月に入り、急に激痛がはしり、歩けなくなりました。 血液検査、感染症なし、CT、エコー検査にて水がたまってるとの事でした。しばらく落ち着いていたのですが、8月に入りまた激痛がはしり、再検査してもらった所、血がたまってるとの事で50CC抜きました。MRIでも特に異常が見られないので、主治医は様子を見ましょうとの事です。 母は、2日に1回は30分ぐらい、ずっと散歩に出ていますので、運動のしすぎでしょうか? それで、関節に炎症をおこしているのでしょうか? よろしくお願い致します。
      A.運動のしすぎで、関節炎を起こし、水や血が溜まることがあります。安静と、消炎剤を飲んで炎症を抑えて、水や血が溜まらないように治療します。まれに絨毛性滑膜炎(じゅうもうせいかつまくえん)という、出血性の疾患が合併することがあります。CT、エコー、MRIでも診断が難しい場合があります。また血液検査データに感染兆候がなくとも、弱い感染が合併する可能性があります。

      このページのTOPへ

    Q.手首が痛く顔を洗うのも大変なんですが、腱鞘炎ではなく 関節炎と言われました どのような治療ができますか?(よっしー)

      Q.手首が痛く顔を洗うのも大変なんですが、腱鞘炎ではなく 関節炎と言われました。どのような治療ができますか?64歳でスポーツしていますが加齢のためでしょうか?
      A.安静のため、装具を作製し、スポーツなど手関節へ負担をかける動きを休んで様子をみましょう。

      このページのTOPへ

    Q.再手術後の脱臼の可能性のパーセンテージとどの程度(寝たきりにならないか心配)回復できるか。ご存知のことがあれば教えていただきたいとおもいます。(coconut)

      Q.人工股関節手術後8年経過しましたが、最近数ヶ月で脱臼を繰り返し3回目があったら再手術を考えると医師に言われました。ちょっとした過内転で脱臼しています。初回の手術後リハビリがうまくいかずあまり歩けるようにはなりませんでした。いままで何とか時々訪れる介護士さんの手を借りつつ日常生活を送っていました。再手術後の脱臼の可能性のパーセンテージとどの程度(寝たきりにならないか心配)回復できるか。ご存知のことがあれば教えていただきたいとおもいます。
      A.人工関節の脱臼を頻回に繰り返す場合、脱臼の道筋ができてしまっているので、再手術を検討したほうがよいでしょう。人工関節や周囲の骨がどのように傷んでいるかわかりませんので、再手術後の脱臼のパーセンテージは不明です。執刀医に尋ねるのが確実です。

      このページのTOPへ

    Q.中学生で人工膝関節を入れています。最近足を曲げるとバキバキと音がして心配です。そんなに動かさない方がいいのでしょうか。(みろりん。)

      Q.中学生で人工関節を入れています。最近足を曲げるとバキバキと音がします(膝あたりから)少し心配です。X線とかでは問題はありませんでした。あとそんなに動かさない方がいいのでしょうか。小走りとかよくしますが少し怖いです。
      A.膝の屈伸で音がすることはあります。X線で問題なければ、主治医と相談しながら様子見てください。どの程度動かしてよいかは、人工関節の状態によるので、主治医に尋ねて、不安を取り除いてください。

      このページのTOPへ

    Q.3年前に人工股関節を入れました。手術前の痛みはなくなったのですが、咳やくしゃみが出た時に太ももあたりに響いて凄く痛いです。放っておいても大丈夫なのでしょうか?(なんちゃん)

      Q.3年前に人工股関節を入れました。手術前の痛みはなくなったのですが、 咳やくしゃみが出た時に 太ももあたりに響いて凄く痛いです。この痛みは術後1年半位から始まりました。最初の頃はほんの一瞬だけでしたが、最近は10秒位続きます。これはどういう痛みなのでしょうか? 放っておいても大丈夫なのでしょうか?
      A.腰からの坐骨神経痛や末梢神経の問題の可能性もありますが、文面からなんとも言えませんので、主治医に相談してみてください。

      このページのTOPへ

    Q.人工股関節再置換の手術が決まったが、シンチグラフィーで結腸上皮癌の疑いがあると分かった。癌手術を優先すべきか。(パーツロボ)

      Q.人工股関節再置換の手術が決まったが、シンチグラフィーで結腸上皮癌の疑いがあると分かった。癌手術を優先すべきか。
      A.癌は進行性の疾患ですので、癌の治療を優先するべきでしょう。股関節と癌の主治医と連携して、治療計画を立てましょう。

      このページのTOPへ

    Q.右膝の人工関節置換手術を受けて7か月経過しました。起床すると膝のむくみが自覚でき、体重を乗せると痛みがひどくなります。溜まった血を抜いた後は楽になりますが、持つのは1日くらいです。この繰り返しで困っています。考えられる状態、治療法はないでしょうか。(jirosan)

      Q.76歳男性スポーツ愛好者です。右膝の人工関節置換手術を2014.11.24に受けて7か月経過しました。2か月くらいはリハビリをしたり、2km程度の散歩をする事もできました。3月頃から起床すると膝のむくみが自覚できて、そうなると右足に体重を乗せると痛みがひどくなります。医師の診断を受けると、膝に注射針を刺して血液を抜きます。今まで4回程度抜いています。抜いて後は楽になりますが、もつのは1日くらいです。この繰り返しで困っています。医師は今まで経験がない症状が続くので膝内視鏡で血管の状態を調べると云っていますが、考えられる状態、治療法はないでしょうか。
      A.膝関節炎が起きて、血液が溜まる場合があります。この場合、安静にして、消炎剤を使い、炎症が軽快するのを待ちます。感染が起きると、腫れて、血が溜まる場合があります。この場合、かなりの痛みを伴うのが通例です。血液検査を行い、抜いた血を培養して菌の有無を判定します。まれに絨毛性滑膜炎(じゅうもうせいかつまくえん)という、出血性の疾患を合併することがあります。エコー、CT、MRIや関節鏡で診断します。

      このページのTOPへ

姉妹サイト「人工関節ドットコム ® 」が電話相談を開設中!

ナヤミハココへ
TEL 0570-783855
受付時間(平日)10:00 ∼ 17:00

人工関節ドットコム ®専用オペレーターがお答えします。
お気軽にお電話ください。

詳しくはこちらをご覧ください。
 (人工関節ドットコム ® 電話相談)

このページのTOPへ