核磁気共鳴画像法(かくじききょうめいがぞうほう)
静磁場と変動磁場を用いて、生体の任意の方向の断層像を得る診断法。MRIとも呼ばれる。骨以外の軟部組織靭帯(じんたい)、半月板(はんげつばん)、椎間板(ついかんばん)、神経、脊髄(せきずい)〕を写し出すのに優れ、質的な診断もできる。整形外科領域では脊椎〔(せきつい)=首や腰〕、膝関節などでよく用いられる。