肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)
変形性肘関節症などが原因で骨に変性がみられると、肘内側を走行する尺骨神経が圧迫されたり、関節遊離体が尺骨神経を損傷する場合があり、小指などにしびれを感じたり握力が低下するなどの症状がでる。