血栓(けっせん)
動静脈の中で血液が固まることによって形成されたもの。血栓が大きくなると、血液の流れが悪くなる。静脈で形成された血栓が肺動脈に運ばれて詰まってしまうと、肺塞栓症〔(はいそくせんしょう)=いわゆるエコノミークラス症候群〕となり、呼吸困難をきたす。手術後、長時間にわたって脚を動かせない場合などに静脈血栓ができることがある。