「ひざ」の痛みを解消したい

ひざ関節治療の一覧(保存的治療法)
ひざの痛みを抑えるために、症状や段階、目的などによって、さまざまな治療が行われています。
ひざの痛みのさまざまな治療法
保存的治療法
運動療法 ストレッチ、ウォーキング、ジョギング、水中運動 など
温熱療法 ホットパック、温湿布、電気・超音波器具、保温目的のサポーター など
薬物療法 消炎鎮痛薬(外用・内用)、ヒアルロン酸注射、ステロイド注射 など
装具療法 足底板、サポーター、装具(ブレース)、杖 など
運動療法
関節可動域訓練や筋力強化訓練、器具を利用した運動による治療法です。理学療法士の指導の下で、個人の状態に合わせたリハビリテーションを行うことがおすすめです。正しいやり方を知っていれば家庭でできるものもあります。
温熱療法
慢性的なひざの痛みや炎症に有効とされる治療法で、ひざを温めることによって血行を促し、痛みを軽減します。温めることで、筋肉や関節が動かしやすくなります。
薬物療法
消炎鎮痛薬(飲み薬、湿布・塗り薬、座薬)を用いる療法と、膝関節にヒアルロン酸(ひあるろんさん)を直接注射して、痛みや炎症を抑える治療法です。薬物療法には副作用のリスクが伴いますので、必ず病院の先生に相談してください。
■参考リンク:ヒアルロン酸と関節痛の情報サイト(http://e-kansetsu.jp)外部リンク
装具療法
装具を使用することで、ひざへの負担を軽減し、関節を安定させます。整形外科の先生の診察を受け、その処方をもとに一人ひとりの脚の形状に合った装具をつくります。また、歩行時に杖を使用することで、膝関節にかかる負荷を軽減します。
現場レポート
神奈川県
横須賀市立市民病院
竹内 良平 先生