「ひざ」の痛みを解消したい

ひざ関節治療の一覧(手術的治療法)
ひざの痛みを抑えるために、症状や段階、目的などによって、さまざまな治療が行われています。
ひざの痛みのさまざまな治療法
手術的治療法
関節鏡手術 (かんせつきょうしゅじゅつ) 関節鏡で見ながら、傷ついた関節軟骨(かんせつなんこつ)半月板(はんげつばん)を切除
高位脛骨骨切り術 (こういけいこつこつきりじゅつ) 脛骨の近位部を骨切り(こつきり)し、ひざの角度を矯正
人工膝関節置換術 (じんこうひざかんせつちかんじゅつ) 軟骨と傷んだ骨の表面を切除して人工関節に置換
関節鏡手術(かんせつきょうしゅじゅつ)
ひざをわずかに切開し、関節に内視鏡を挿入して、映像を見ながら痛みの原因となる関節内の組織や関節軟骨(かんせつなんこつ)、変形した半月板(はんげつばん)の処理などを行います。体への負担が比較的少ない手術です。
高位脛骨骨切り術(こういけいこつこつきりじゅつ)
O脚やX脚に変形してしまった膝関節を矯正するため、すねの骨(脛骨=けいこつ)の近位(膝関節に近い部分)を骨切り(こつきり)し、ひざの角度を変えることで、関節軟骨(かんせつなんこつ)の傷んだ部分にかかる負担を軽減する手術です。
人工膝関節置換術(じんこうひざかんせつちかんじゅつ)
膝関節の変形が進行して、他の療法での症状改善が難しい場合、関節軟骨と傷んだ骨の表面を切除して人工関節に置き換える手術です。関節全体を置き換える全置換型と傷んだ部分のみを置き換える部分置換型があります。人工関節によって、今までの痛みが緩和され、ひざの動きがよくなることが期待されます。
現場レポート
神奈川県
横須賀市立市民病院
竹内 良平 先生