「股関節」の痛みを解消したい

股関節の症状と進行度
変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)は、時間をかけて進行し、次第に症状が重くなります。一度傷ついた軟骨が回復することは難しいですが、早い段階から適切な処置を行うことで、進行を遅らせることができます。
このページでは、各段階での主な症例を紹介します。あなたの痛みはどの段階でしょうか?
初期:軽度の痛み「何となく違和感、少し痛む」
変形性股関節症:初期関節の軟骨が傷つき、関節のすき間がわずかに狭くなります。股関節以外に、おしり、太もも、ひざが痛む場合もあり、変形性股関節症だと気づかないこともあります。この時期の治療としては、主に、減量や痛み止めの内服などの保存療法が行われます。
進行期:慢性的な痛み「痛みが続く、関節が動きにくくなる」
変形性股関節症:進行期関節の軟骨が広い範囲で変性・摩耗し、関節のすき間が明らかに狭くなります。レントゲンでは骨嚢胞(こつのうほう)骨棘(こつきょく)が現れます。痛みが慢性化して、歩行にも支障をきたし始めます。この時期の治療としては、軽い筋力強化訓練、薬物療法(痛み止め)、温熱療法のほか、疼痛が強い場合は,人工股関節置換術も行われます。
末期:極度の痛み「関節がかたくなる、歩きづらくなる」
変形性股関節症:末期関節の軟骨がほとんどなくなるため、関節のすき間がなくなります。レントゲンでは、股関節の著しい変形がみられます。筋力が落ち、おしりや太ももが細くなり、左右の脚の長さが違ってしまうこともあります。この時期の治療としては、人工股関節置換術が行われますが、痛みや歩行の大幅な改善が期待できます。