「股関節」の痛みを解消したい

人工股関節置換術の特長
人工股関節置換術は、近年、その技術も飛躍的に進歩し、日本国内で年間5万件以上の手術が行われる一般的な治療法になっています。その一番の目的は、関節の痛みの除去です。さらに、ほとんど歩けなかった方が歩けるようになったり、外出困難だった方が旅行できるようになったりと、生活の質(QOL)の大きな改善が望めることもメリットです。
従来と比べてより小さい切開で手術が可能に
手術前後のO脚の改善最近では、技術の進化により、従来に比べてより小さな切開で手術を行う最小侵襲手術法(MIS=さいしょうしんしゅうしゅじゅつほう)が可能になりました。この手術法の場合、皮膚はもちろん筋肉や靭帯(じんたい)の損傷を最小に抑えることができるため、手術後の回復が早まり、早期の歩行、社会復帰が望めます。しかし、最少侵襲手術法による人工股関節手術は、全ての方に対応できるものではなく、体格や股関節の損傷の度合いによっても異なります。また、回復期間には個人差がありますので、担当医師とよく相談しましょう。
歩行時の横ゆれも改善が期待できます
股関節疾患が原因で、左右の脚の長さが異なってしまうこともあります。その場合、歩行時に大きく横にゆれたり、片脚を引きずって歩くなどの歩行障害が起こることもあります。人工股関節手術では、このような歩行障害の改善も期待できます。

股関節手術3日後の様子ムービーコンテンツあり


(回復には個人差があります。)
技術開発による耐久性の向上
手術から15年経った後も97%以上の人工股関節がよく機能しています*。さらに、医療用の生体適合性の高いチタン、超高分子量ポリエチレン(ちょうこうぶんしりょうぽりえちれん)素材の開発などにより、幅広い年齢層に対応できるようになってきています。
※人工関節の耐用年数は個人の体重、年齢、活動レベルやその他の要因によって異なります。
*Lombardi AV Jr, Berend KR, Mallory TH, Skeels MD, Adams JB.
“Survivorship of 2000 tapered titanium porous plasma-sprayed femoral components.”
Clin Ortho Relat Res. 2009; 467(1): 146-154
現場レポート
北海道
あすなろ整形外科
長谷川功 先生