東京都
増本整形外科クリニック 院長
増本 項 先生

スポーツや趣味のゴルフやテニスを頑張りすぎて、筋肉や腱などに障害が出るオーバーユース症候群や、変形性膝・股関節症にはリハビリなどの保存療法が行われてきました。しかし保存療法を続けても治療効果がないと、手術しか選択肢がないのかと諦めていた方も多いのではないでしょうか。新たな治療法として期待される、ご自身の血液を使うPRP療法やAPS療法の詳細について増本整形外科クリニック院長の増本項先生にうかがいました。

(・・・続きを読む)
千葉県
東京歯科大学市川総合病院 リハビリテーション科 准教授
堀田 拓 先生

スポーツ外傷や変形性関節症には、痛み止め薬の内服やリハビリテーションなどの保存療法や手術だけでなく、再生医療であるPRP療法やAPS療法などさまざまな治療が選択できるようになっています。ご自身の状態を知り、色々な治療があるのを知り、ご自身にあった治療を選択していただきたいとおっしゃる東京歯科大学市川総合病院 堀田 拓先生に期待されるPRP療法やAPS療法について詳しくうかがいました。

(・・・続きを読む)
埼玉県
TMGあさか医療センター 院長 整形外科
飯田 惣授 先生

膝の痛みの主な原因として知られる変形性膝関節症。保存療法を続けてきたものの改善せず、それでもさまざまな事情から手術には踏み切れないという方は少なくありません。そうした中、近年新たな治療選択肢として注目されるのが、再生医療のひとつ、APS療法です。TMGあさか医療センターの飯田先生に、APS療法のメリットや注意すべき点、治療への向き合いかたなどを詳しく伺いました。

(・・・続きを読む)
福岡県
医療法人オアシス 福岡志恩病院 理事長
石谷 栄一 先生

加齢によって起こる「腱板損傷」や「変形性膝関節症」に対しては、保存療法や手術療法などが行われています。しかし近年、PRP療法やAPS療法など「再生医療」と呼ばれる新たな技術が注目されるようになり、治療の選択肢に加わってきました。「腱板損傷」や「変形性膝関節症」の原因や再生医療を交えた治療法について、福岡志恩病院 理事長 石谷栄一先生にお話しをうかがいました。

(・・・続きを読む)
東京都
大山整形外科診療所 副院長
大山 輝康 先生

血液中にある組織を修復する成長因子の力を利用して、人が本来持っている治癒力を引き出す再生医療に注目が高まっています。膝などの関節の痛みに再生医療はどのように使われているのか、大山整形外科診療所の大山輝康先生を訪ねました。

(・・・続きを読む)
福岡県
福岡整形外科病院 整形外科医長
碇 博哉 先生

従来は筋力トレーニングやヒアルロン酸注射などの保存療法や人工関節などの手術療法が行われてきた「変形性膝関節症」に、新たな選択肢としてAPS療法が注目されるようになりました。患者さんご自身の血液を利用した再生医療であるAPS療法の詳細について、福岡整形外科病院の碇博哉先生にお話をうかがいました。

(・・・続きを読む)
広島県
中国労災病院 関節外科部長
人工関節センター長
藤本 英作 先生
広島県
中国労災病院 整形外科医長
住田 佳應 先生

年齢を重ねるとともに膝の痛みに悩む方が増えています。その原因とさまざまな治療法について中国労災病院の藤本先生と住田先生にお話をうかがいました。

(・・・続きを読む)
神奈川県
医療法人財団 明理会 東戸塚記念病院 院長
山崎 謙 先生

加齢に伴う膝の痛みとして代表的な変形性膝関節症。ヒアルロン酸注射などの保存療法を続けているものの痛みが改善せず、それでも手術には抵抗があるという患者さんは少なくありません。そうした人を中心に、近年新たな治療の選択肢として注目されるのがAPS(自己タンパク質溶液)療法です。具体的にどんな治療法で、どのような効果が期待できるのか、東戸塚記念病院 院長の山崎先生にお話を伺いました。

(・・・続きを読む)
東京都
横浜町田関節脊椎病院 院長
宮島 玄陽 先生

手術を受けるタイミングだということがわかっていても、仕事やご家族の介護などがあり、今は難しいという人は少なくありません。再生医療のPRP療法・APS療法は、保存療法と手術療法の間をつなぐ新しい治療法として注目されています。今回は変形性膝関節症の治療に期待が高まっているAPS療法を中心に、横浜町田関節脊椎病院の宮島先生へお話を伺いました。

(・・・続きを読む)
埼玉県
本庄総合病院 整形外科部長
鈴木 元 先生

最近耳にする機会が増えてきた再生医療。整形外科の分野でも、血液に含まれる血小板の「自己治癒力」を使ったAPS療法が、変形性膝関節症などの新たな治療法として国内でも徐々に広がりつつあります。とはいえ、まだ歴史の浅い治療法であり、過度な期待は禁物です。膝の痛みの原因やさまざまな治療法と、その中でのAPS療法の位置づけ、期待される効果などについて、本庄総合病院の鈴木先生にお話を伺いました。

(・・・続きを読む)
和歌山県
北出病院 整形外科(スポーツ整形)医長
阪田 武志 先生

膝の痛みの原因はさまざまですが、特に中高年の女性を中心に患者数が多いのが変形性膝関節症です。これは、加齢とともに軟骨がすり減ることで起きるもの。重症化すると歩くのも億劫になるほど痛みが強くことがあるため、早めに専門医を受診し適切な治療を行うことが大切です。変形性膝関節症に対しての具体的な治療法について、近年注目されている再生医療を中心に、北出病院の阪田先生に伺いました。

(・・・続きを読む)
山口県
山口県厚生農業協同組合連合会 小郡第一総合病院 院長
藤井 裕之 先生

各分野で導入が進む再生医療は、整形外科領域においても関節の痛みの軽減やケガからの早期回復など様々な効果が期待されています。注目を集めるPRP療法・APS療法について、小郡第一総合病院 院長 人工関節センター長の藤井裕之先生に詳細をお伺いしました。

(・・・続きを読む)
福井県
医療法人弘昭会 大森整形外科リウマチ科 理事長
大森 弘則 先生

中高年女性に多く見られる膝の痛み。加齢で軟骨がすり減ることによる変形性膝関節症が主な原因です。治療は、リハビリなどの保存療法や人工膝関節置換術をはじめとする手術が行われていますが、近年期待されている新しい治療法が「再生医療」。ただし、再生医療を受ける場合、患者さん自身が十分納得して受けることが大事とおっしゃる大森整形外科リウマチ科理事長の大森先生に、変形性膝関節症の原因や治療方法、APS療法について伺いました。

(・・・続きを読む)
愛知県
医療法人 豊田整形外科 院長
川本 高基 先生

膝の痛みをがまんしたり、自己判断で治療するうちに、痛みが増したと話す患者さんが多くいます。とくに中高年に多い変形性膝関節症は、早めに専門医を受診することで、治療の選択肢が広がります。近年では整形外科の分野でも再生医療が行われるようになり、「今までの治療では効果が出ない、でも手術する勇気がない」という方の新たな選択肢として期待されています。今回は、変形性膝関節症に対する治療法やAPS療法について、豊田整形外科院長の川本高基先生にお話を伺いました。

(・・・続きを読む)
広島県
医療法人社団飛翔会 寛田クリニック 院長
寛田 司 先生

いろいろな治療を続けても期待するほどの効果が得られない、しかし、「できるだけ手術は避けたい」という思いから、再生医療の一つであるAPS療法に期待される方が多いといわれます。しかし、APS療法を受けると、「膝の変形が元のように戻る」、「なくなった軟骨が再生する」と誤解されている方も多いようです。今回は膝の痛みの原因として多い、変形性膝関節症の原因と治療法、APS療法に期待される効果と留意点について、寛田クリニック院長の寛田司先生にお話を伺いました。

(・・・続きを読む)
広島県
興生総合病院 副院長
河野 正明 先生

保存療法を行っても期待するほどの効果がないものの、手術には踏み切れず、痛みをがまんしている変形性関節症の患者さんは多いといわれています。これに対し、近年、新たな治療選択肢として効果が期待されているのが、再生医療のAPS療法です。今回は主に手指の変形性関節症を中心に、その原因や治療法、APS療法の可能性について、興生総合病院副院長の河野正明先生にお話をうかがいました。

(・・・続きを読む)
沖縄県
八重瀬会 同仁病院 院長代理・整形外科部長
山内 裕樹 先生

近年、各分野で注目されている再生医療。整形外科の分野でも、患者自身の血液を使うため比較的安全性が高いといわれる治療法であるPRP療法・APS療法などの再生医療が行われるようになってきました。特に、変形性関節症で使用されるAPS療法について、八重瀬会 同仁病院 院長代理・整形外科部長の山内裕樹先生にお話を伺いました。

(・・・続きを読む)
東京都
医療法人社団博栄会 赤羽中央総合病院 副院長
野村 将彦 先生

変形性関節症による関節の痛みを抱えている中高年の方が多くいます。痛みをがまんせず、早めに整形外科を受診することで、進行予防を含めたさまざまな治療の選択肢が広がります。
今回は、変形性関節症の中でも特に患者数の多い、変形性膝関節症の原因と治療法、近年整形外科の領域でも注目されてきている、自己血由来の再生医療の可能性について、赤羽中央総合病院の野村 将彦先生に、痛みの原因や治療への向き合い方などについて幅広くお話を伺いました。

(・・・続きを読む)
東京都
新小岩整形外科 院長
岡部 高弘 先生

メディアなどを通して一般にも認知が進み、注目が集まる再生医療。膝など関節の痛みで悩む方にとってはどのような効果が期待できるのでしょうか? また、再生医療を受ける上で気をつけるべきこととは? 新小岩整形外科の岡部 高弘先生を訪ね、変形性膝関節症の治療で期待が高まるAPS(自己タンパク質溶液)療法を中心にお話を伺いました。

(・・・続きを読む)
東京都
お茶の水セルクリニック 院長
寺尾 友宏 先生
東京都
東京大学医学系研究科感覚・運動機能医学講座整形外科学准教授、骨粗鬆症センター長
齋藤 琢 先生

関節のつらい痛みに対して、自分自身の自然治癒力を高めて治療をする再生医療の普及が進んでいます。寺尾友宏先生と齋藤琢先生に、PRP療法、脂肪由来幹細胞治療を中心とした関節症に対する再生医療の現状や展望について教えていただきました。

(・・・続きを読む)
大分県
医療法人博慈会 内田病院 副院長
内田 研 先生

ニュースや雑誌でも盛んに取り上げられるようになった再生医療。今、加齢性の疾患である変形性膝関節症の治療の選択肢として、整形外科で受けられるAPS(自己タンパク質溶液)療法があります。一体どんな治療法なのか、メリットやデメリットを含めて内田病院副院長の内田研先生に詳しくお話を伺いました。

(・・・続きを読む)
埼玉県
さいたま協同病院 関節治療センター センター長/整形外科主任部長
仁平 高太郎 先生
埼玉県
さいたま協同病院 関節治療センター 副センター長/整形外科部長
桑沢 綾乃 先生

整形外科で受けられる再生医療の中に、自己血を使用して行うAPS(自己タンパク質溶液)療法という治療法があります。日頃からさまざまな患者さんの治療に取り組まれているさいたま協同病院の仁平高太郎先生と桑沢綾乃先生に、膝と股関節の痛みとAPS療法について詳しく伺いました。

(・・・続きを読む)
大阪府
整形外科 吉田クリニック
吉田 博一 先生

膝や股関節など変形性関節症に悩まされている方は非常に多く、高齢化が進んでいく中でますます患者数が増えていくことが予想されます。近年、従来の変形性関節症に対する治療法だけでなく、さまざまな再生医療が行われるようになってきました。今回は、変形性関節症に対する治療方法として、自己血由来の安全性の高い治療法として注目を集めるAPS(自己タンパク質溶液)療法について、整形外科 吉田クリニックの吉田 博一先生にお話をうかがいました。

(・・・続きを読む)
東京都
アットホーム表参道クリニック 院長
腰塚 裕 先生

鎮痛薬やヒアルロン酸注射など保存的治療を長期間受けたけれど、関節の痛みが改善しない。かといって手術はまだ受けたくない。このような人の新たな選択肢として次世代PRP療法とも呼ばれるAPS療法という再生医療があります。APS療法はどんな症状に効果が期待できるのか、医療施設の選びかたなども含めてアットホーム表参道クリニックの腰塚裕先生に詳しく伺いました。

(・・・続きを読む)
東京都
つかもと整形外科醫院 院長
塚本 理一郎 先生
東京都
つかもと整形外科醫院 非常勤医師/厚生中央病院 整形外科医長
辻 耕二 先生

変形性関節症の治療として保存療法を行っても思ったほど効果がなく、痛みをがまんし続けているという人が数多くいらっしゃいます。変形性関節症への新たな治療の選択肢として効果が期待されている再生医療にAPS療法があります。今回は変形性関節症の中でも特に患者数の多い膝と股関節の傷みの原因や治療法、APS療法の可能性について塚本先生と辻先生に詳しく伺いました。

(・・・続きを読む)
埼玉県
まつだ整形外科クリニック 院長
松田 芳和 先生

「関節の痛みに悩んでいて、保存療法を続けるものの良くならない」「家庭や仕事の都合で手術は受けられない」など難しい状況を抱える方から、最近注目を集めるのが再生医療です。今回は、関節治療の新たな治療法として期待されているAPS(自己タンパク質溶液)療法を中心に、まつだ整形外科クリニックの松田先生にお話を伺いました。

(・・・続きを読む)
宮崎県
医療法人社団光学堂 あたご整形外科 理事長
佐藤 信博 先生

話題の再生医療。整形外科領域においても、様々な再生医療があり注目を浴びています。今回は、患者さんご自身の血液から作成する再生医療のPRP(多血小板血漿)療法とAPS(自己タンパク質溶液)療法について、あたご整形外科 理事長の佐藤信博先生にお話を伺いました。

(・・・続きを読む)
兵庫県
神戸海星病院 副院長
柴沼 均 先生

近年、各分野で再生医療が注目を集めていますが、整形外科領域でもさまざまな再生医療が行われるようになってきました。今回は、自己血由来の安全性の高い治療法として注目を集めるPRP(多血小板血漿)療法と、それをさらに進化させたAPS(自己タンパク質溶液)療法について、神戸海星病院 副院長の柴沼 均先生にお話をうかがいました。

(・・・続きを読む)
高知県
社会医療法人近森会 近森病院 整形外科 統括部長
衣笠 清人 先生

整形外科領域においてもさまざまな再生医療が行われるようになってきました。ケガからの早期回復や関節の痛みの軽減が期待されている再生医療。今回は、注目されているPRP療法(多血小板血漿)を更に進化させた、APS(自己タンパク質溶液)療法について、近森病院 整形外科 統括部長の衣笠 清人 先生にお話を伺いました。

(・・・続きを読む)
神奈川県
横浜南共済病院
三原 久範 先生

「くびが痛い」、「腰が痛い」、「手・足がしびれる」などの症状が起こる原因として、「背骨」や「神経」が関係している場合があります。脊椎脊髄の専門医で、治りにくいくび、腰の症例を数多く診療している横浜南共済病院の三原久範先生に痛みやしびれの原因、整形外科を受診するタイミング、日常生活の注意点などを教えていただきました。

(・・・続きを読む)
兵庫県
ひろクリニック(神戸市)院長
坂井 宏成 先生

整形外科の再生医療の中で、最近、ケガからの早期復帰を目指すプロスポーツ選手や慢性的な関節などの痛みを抱える人に注目されている治療法の一つにPRP(多血小板血漿)療法があります。プロ野球チームのチームドクターを務め、トップアスリートやプロスポーツ選手への治療経験も豊富なひろクリニック院長の坂井宏成先生にPRP(多血小板血漿)療法について伺いました。

(・・・続きを読む)
メディカルフィットネスクラブ「アガーラ」 マネージャー
竹内 陽一 さん

お話を伺ったみなさんと人工関節の手術歴

西 幸代さん(80歳)2011年2月左膝、2012年2月右膝
永野 廣さん(69歳)2012年11月左膝
亀井 いね子さん(70歳)2012年7月右膝、2013年3月左膝

3名の方が通われているのは、神戸市内にあるメディカルフィットネスクラブ「アガーラ」。ウォーキングマシンやトレーニングマシンが設置され、一見するところ一般的なスポーツジムのようです。もちろん、一般の方も利用できますが、異なるのは、厚生労働大臣が認定した運動型健康増進施設でもあるという点。健康運動指導士が常駐しており、介護予防のために運動をしたい方などの指導を行っています。さらにメディカルフィットネスの名が表す通り、医療機関と連携し、専門のトレーナーが医学的視点に基づいて、変形性膝関節症の手術後である3名のケースのようなリハビリ目的のトレーニングや指導も行っています。
(・・・続きを読む)
医療法人社団 あんしん会 会長
岩崎 安伸 先生
加齢や生活習慣が原因で足腰の機能が衰え、歩行や日常生活に支障をきたしている状態のことを「ロコモティブシンドローム」といい、その大きな要因とされる「サルコペニア肥満」が注目されています。サルコペニア肥満とは、筋肉の量が減って体力や生活機能が低下した状態に肥満が加わったものです。では、変形性膝関節症と肥満はどのような関係があるのでしょうか。また人工関節置換手術後、ロコモティブシンドロームやサルコペニア肥満を防ぐにはどうすればよいのでしょうか。ご自身も定期的な運動で減量を成功させた岩崎安伸先生にお話を伺いました。 (・・・続きを読む)
熊本県
にしくまもと病院
山口 浩司 先生
日常生活でひざに痛みを感じ、整形外科を受診すると、問診や触診などのほかに、レントゲン検査(X線検査)を受けます。適切な治療を受けるためには、正確な診断を受けることがとても重要ですが、そもそも診察とレントゲン検査で何がわかるのでしょうか。ひざ関節や股関節の手術をはじめとする関節外科を中心に、整形外科全般の専門的な診断と治療に取り組まれている、にしくまもと病院 病院長兼関節外科センター長の山口浩司先生に教えていただきました。(・・・続きを読む)
徳武産業株式会社
徳重 隆 さん
高齢者の足にやさしく、履きやすく、つまずきにくいケアシューズ「あゆみシューズ」を製造・販売されている徳武産業株式会社の徳重さんに、高齢者の日常生活における歩行時の注意点や、高齢者に合った靴の選び方についてお話を伺いました。(・・・続きを読む)
大阪府
再生医療センター そばじまクリニック理事長
傍島 聰 先生
整形外科の再生医療は、すでに大学病院やクリニックなどで行われはじめています。実際にどのような再生医療が受けられるのか、米国での整形外科再生医療研究を経て、日本初の再生医療専門クリニックを開業し、自己細胞を使った再生医療に取り組む傍島聰先生にお話をうかがいました。(・・・続きを読む)
茨城県
筑波大学
吉岡 友和 先生
今、各分野で注目されている「再生医療」が、整形外科の分野でも大きな期待が寄せられています。そこで、再生医療とはそもそも何なのか、整形外科の分野ではどのような再生医療が受けられるのかなどについて、筑波大学整形外科准教授として、再生医療の基礎研究とともに、実際に患者さんの診察・治療にも取り組まれている吉岡友和先生にお話をうかがいました。(・・・続きを読む)
神奈川県
さいわい鶴見病院
竹内 良平 先生
日本人にはO脚が多く、変形性膝関節症の一因といわれています。その治療法のひとつとして、O脚変形を矯正することで痛みを緩和する手術があることをご存じですか?ひざ関節疾患の治療を専門とされている、竹内良平先生に伺いました。(・・・続きを読む)
大阪府
国立病院機構 大阪南医療センター
秋田 鐘弼 先生
関節リウマチの疑いがある、あるいは関節リウマチと診断された場合に、これからどのような症状が現れ、どのような治療法があるのか、進行を予防する手立てはあるのかなど、多くの方が不安を抱えておられると思います。そこで今回は、上肢、特に肘の手術を多く手がけておられる整形外科医で関節リウマチの専門医でもある秋田鐘弼先生に、肘の関節リウマチを中心に、病気についての知識や治療法、進行予防などについて教えていただきました。(・・・続きを読む)
北海道
北新病院
末永 直樹 先生
「肩が痛い」、「肩が上がらない」という症状から「これは五十肩だな」と自己判断し、「しばらくすると自然に治るだろう」と楽観して病院にも行かず放置している方々がいらっしゃるようです。その痛み、本当に五十肩でしょうか?もしかしたらまったく別の原因からくる痛みかもしれません。どんな病気なのか、なぜ痛むのか、また痛みを取って機能を改善するためにはどのような治療法があるのか、さらに手術をする場合の注意点は?北新病院の末永直樹先生にお話を伺いました。(・・・続きを読む)
静岡県
静岡赤十字病院
西脇 徹 先生
初期の段階では、なかなか気づきにくい臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)は、放置して進行すると、強い痛みや歩行障害を生じる変形性股関節症に発展してしまいます。特に、治療を受けているのに改善しない痛みや違和感がある方は要注意です。早期に発見しておきたい臼蓋形成不全について、股関節を専門に数多くの治療を手がけておられる西脇先生に教えていただきました。(・・・続きを読む)
東京都
昭和大学病院整形外科
稲垣 克記 先生
肘の病気やケガについての情報は、一般にはあまり浸透していないようです。何が原因で肘に痛みが生じたり、故障や病気が起こったりするのでしょうか。また最新の治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。そこで今回は、肘関節の専門医である昭和大学病院の稲垣先生にお話を伺いました。(・・・続きを読む)
栃木県
獨協医科大学病院リウマチセンター
玉井 和哉 先生
肩関節の痛みに関する質問を抱えていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。気になる質問に肩関節と関節リウマチの専門医である獨協医科大学病院の玉井先生がお答えくださいました。(・・・続きを読む)
栃木県
獨協医科大学病院リウマチセンター
玉井 和哉 先生
「最近、水の入ったポットを持ち上げられない・・・」、「高い所にある物が取りづらい・・・」、「夜、痛みで目が覚める・・・」など、肩の痛みや違和感に悩みながら日々を過ごしている方は少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、肩関節と関節リウマチの専門医である獨協医科大学病院の玉井先生に、肩に多くみられる病気やケガ、そしてその治療法についてお話を伺いました。(・・・続きを読む)
北海道
豊岡中央病院
浜口 英寿 先生
ひざの痛みがありながら、「手術は怖い。できるだけ避けたい」と耐えている患者さんは多いようです。しかし、痛みを我慢して放っておくと症状は進行してしまいます。そこで、関節疾患治療と人工関節全置換術や部分置換術において豊富な経験をお持ちの浜口先生に、患者さんの症状に適した治療法や手術を行うタイミングについてお話を伺いました。(・・・続きを読む)
北海道
あすなろ整形外科
長谷川 功 先生
「痛みをなくしたい」「元気に歩きたい」-。そんな願いを込めて人工股関節置換術を受けたいと思っていても、手術後の日常生活にどのような影響が出るのか、不安を感じている方は少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、人工股関節置換術後にできるようになることや、人工股関節を長持ちさせるために日常生活で注意したいことを整形外科の先生に教えていただきました。(・・・続きを読む)

このページのTOPへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう